ワキガ・わき汗がひどくて悩み。制汗スプレー意味なし。対策方法

ワキガ・わき汗がひどくて悩み。制汗スプレー意味なし。対策方法
私はわきの匂いとわき汗、両方が酷く悩んでいます。
夏冬関係なく常にわきが湿っている状態で、汗をかくと自分でもはっきりわかるくらいの匂いがしてきます。

 

うっかり何も対策をしていないと、自分が動くたびにツンとした匂いが漂い、それに動揺してまた汗をかく、という悪循環です。また短時間でもそのままの状態にしておくと、着ている服にまで匂いがついてしまいます。

 

そうなると、後から制汗スプレーなどをしても意味がなくなります。
汗も酷いので、夏場などは濃い色のTシャツなどを着ると必ずわきの部分だけ汗で色が変わってしまい、すごく目立ってしまいます。

 

最初に自覚したのは小学校の高学年くらいでした。
同じクラスの男子児童に「何か香水つけてる?」と指摘されたことがきっかけでした。

 

自分でも毎日お風呂に入っているのに、時々変な匂いがするな、とは思っていましたが、他の人にまでわかるほどとは思ってなかったので、ショックでした。

 

 

まず、お風呂ではスクラブの入っているわき専用のボディソープで念入りに洗うようにしました。
無駄毛もほぼ毎日剃ります。
お風呂上がりにはコットンに拭き取り化粧水を含ませて、脇をしっかり拭くようにしました。

 

その後に、塗るタイプの制汗剤をつけます。わきがを気にし始めてから最初の方は、スプレータイプのものを使っていましたが、あまり消臭効果は感じられず、汗とスプレーの匂いが混ざってしまい、余計気になるようになってしまいました。

 

塗るタイプの制汗剤に変えてからは、汗の匂いと混ざることもなく、嫌な匂いだけ抑えられてるように思います。
ただ、汗までは抑えられないので、他にわき汗パットを使用したり、なるべく濃い色の服を着ないように気をつけています。
また、汗をかいたときは、こまめに拭いて、制汗剤を付け直すようにしています。

 

 

わき汗やわきの匂いというのはなかなか自分では気付きにくいものだと思います。
また、気づいたとしても、どうやって対策したらいいのかわからないし、人にも相談しにくいですよね。

 

でも今はわきが対策の商品がたくさんあります。
制汗剤ひとつとっても、スプレータイプや塗るタイプ、クリームタイプなど様々なタイプがあります。

 

わき汗用にもわき汗パットや、最近では制汗剤同様塗るタイプのわき汗防止用品があるようです。
また、入浴の仕方や衣服でも防止できる策がたくさんあります。
これらの中から、色々と試してみて、自分に一番合っている対策を見つけてみるといいと思います。

 

ワキガランキング