小学生の女の子のワキガケアは?親としてもすごい心配。

小学生の女の子のワキガケアは?親としてもすごい心配。
家族の中でワキガがいると高い確率で子供もワキガになりますよね。
そうなるとやっぱり心痛いですよね・・・。

 

しかも以前は思春期ごろにわきのニオイが気になり始めてたんですが、最近では食生活が肉を多くとる生活になってきたので、思春期よりも前の、小学校低学年からワキガ臭がする子供が増えているんです。

 

親としては本当に気になります。
子供は正直で残酷ですからニオイのことでいじめに発展することも多いんですよね。

 

さらに「臭い」といわれることで、自信をなくすこともその子にとって良くないですよね。
人格を形成するうえでも悪影響です。

 

なので親としては周りに気づかれないようにケアをしてあげたいです。

 

でもここでちょっと注意です。

 

親ですから、ニオイについ敏感になってしまいますが、あまり神経質になってはいけません。
「ちょっと臭いから」とは言わずに

 

「体の保湿をしようね」

 

などオブラートに包んで言うといいと思います。

 

 

そして、ワキガニオイをケアするためにわきに直接塗るタイプやスプレーを思い浮かびますが、

 

実は服にニオイがついていてそれがニオう

 

ということが多いんです。

 

ですから、子供の制服や体操服などにワキガの消臭するスプレーを使うとかなりニオイが抑えられます。

 

 

子供の生理が始まってワキガのニオイがきつくなってきた。対策は?

 

小さいころから若干おしっことかニオイが他の子供に比べてきつかったんだけど、やっぱり親の遺伝で脇も匂いがしてきた・・・。

 

小学生の低学年のころは市販のワキガケア商品を塗って、ニオイをカバーすることができたのですが、高学年になり生理が始まるとさらに脇のニオイがきつくなってしまったんです。

 

娘はあまり気にしてないんですが

 

「どうして自分は他の人に比べてニオイがするの?」

 

って聞かれたときは本当に胸が痛くてできるなら変わってあげたいと思いました。

 

体操服など白い服には黄色く黄ばむし、ニオイもなかなか取れないですし、これからニオイ対策をどうしたらいいか悩んでいます。

 

手術もあると調べてみましたが術後臭もあるようで怖いです。

 

娘がこれからワキガのことで悩まないように対策をしてあげたいです。

 

 

小学生ワキガ対策

子供のことならワキガ対策って深刻ですよね。

 

本当に変われるから変わってあげたい!と思うのが親心ですよね・・。

 

それは不可能ですから、親としてはなんとか対策を見つけてあげるのが一番。

 

対策方法としてはどんなものがあるでしょうか。

 

>>体操服などの白い服の黄ばみの洗い方はコチラで紹介しています。

 

 

小学生の思春期のワキガの原因

小学生ワキガ対策

まず知っておきたいこと。

 

アポクリン腺は7〜13歳の頃に発達する。

 

※アポクリン腺から出る汗は栄養分が多いため細菌が繁殖しやすく、ワキガの原因になります。

 

なので、今までひどくなかったニオイが思春期のころからニオイがきつくなるのは当然なんです。

 

あと、

 

女の子の方がニオイがキツくなる。

 

理由は、女の子の方が思春期の時期が男の子に比べて早く訪れるからです。

 

思春期になると、性ホルモンの分泌量が多いために、それに比例してアポクリン腺の活動も活発になるので、その分ニオイがきつくなることがあります。

 

 

小学生でもできるワキガ対策

小学生ワキガ対策

子供は大人ではありません。

 

そして、本人はあんまり気にしていない。

 

ということはそこまで一人でケアしてくれることは不可能に近い。(友達と遊ぶことに夢中で忘れそう)

 

それなら、簡単に気軽にできるケアがいいですよね。

 

おすすめは

 

ワキガ対策クリーム

 

です。

 

朝にさっと塗ればいいので簡単です。

 

汗をかいた場合は塗りなおしたほうがいいですけど、クリームタイプですから、トイレに行ってサッと塗りなおせば終わりです。誰にもばれずにできます。

 

今は、子供も安心して使える、消臭機能も高いワキガクリームもたくさんありますので、利用するといいと思います。

 

簡単にニオイをケアできるし、手術よりも手軽なのでおすすめです。

 

体質も人それぞれなのでどれが合うのかわかりませんので
ワキガ対策クリームランキングを参考にしてみてください。

 

>>小学生、中学生におすすめワキガ対策クリームはコチラ