50歳過ぎてからワキガになるの?

50歳過ぎてからワキガになるの?
50歳過ぎてからワキガになるのか?

 

という質問をいただきましたが、これは

 

体質によると思います。

 

 

年を取るにつれて

 

ワキガのニオイがだんだんしなくなる人も多いのですが

 

最近では

 

年齢をとるにつれて

 

ワキガの症状が出る人がいます。

 

 

原因は

 

ストレス

 

ホルモンバランスの変化

 

食生活

 

だと考えられます。

 

 

もともと遺伝でワキガを受け継いでいたけど
若いころはニオイは出なかったタイプの人で

 

なにかのきっかけでワキガのニオイが発生するようになった場合もあります。

 

 

それから

 

実はワキガで臭ってたけど
自分では気づかないくらい微量な量のニオイしか出てなかった。

 

年を取るにつれて
ホルモンバランスが変わったりして
ニオイが強くなったり、

 

あるいは匂いが急に敏感になって匂いが気になったり。

 

いろんなパターンがありますよね。

 

 

 

あと考えられるのは

 

加齢臭

 

の可能性。

 

 

文字通りの体内の雑菌の殺菌力が減るために
ニオイが出やすくなることです。

 

 

体はどんどん酸化していきますから、それが原因で匂います。

 

 

加齢臭はわきから匂うのではなくて
皮脂腺が多い場所から匂います。

 

一番多いのは

 

背中

 

なので背中からニオイがするなら加齢臭の可能性が高いです。

 

 

その場合は

 

有酸素をする
食生活を野菜中心にする
加齢臭サプリを摂る

 

この3点を気を付けることで加齢臭対策になります。

 

 

 

やっぱり脇から臭ってる場合は対策クリームを使いましょう

加齢臭よりも

 

ワキガのニオイがきつい場合は

 

ワキガ対策クリームで匂い予防をしましょう。

 

ニオイは個人差があるので
だんだん薄くなってくる人もいれば
いつまでもニオイがする人もいます。

 

いつもニオイに悩まされるのもストレスになりますから

 

そんな時は

 

ワキガ対策クリームを活用して
ニオイケアをするとストレスなく過ごせると思います。

 

 

ワキガクリーム