更年期でワキのニオイが酷い。加齢臭?家族に嫌がられる。

更年期ニオイひどい

 

40代になってきたころからワキのニオイがひどくなってきた。
以前はこんなニオイが出ることはなかったのに・・・。

 

これは更年期障害に現れる症状の一つなんです。
時期や症状は個人差があるので一概には言えませんが、すぐにこの症状が収まる人もいますし、長年悩まされる人もいます。

 

家族にまで「臭い」といわれるとつらいですよね。

 

家族までわかるほどのニオイなら、周囲の人も気づいてるかもしれません。
それは困りますよね。

 

女性は特にニオイには敏感ですから、周りには知られたくないです。

 

 

更年期障害を改善することは簡単ではありませんが、ワキのニオイを改善する方法はありますよ。

 

 

更年期障害によってニオイがひどくなるのはどうして?

これは

 

女性ホルモンのバランスが崩れるからです。

 

そして、今まで運動を特にしていない人は「汗腺」が使われていない状態です。
ホルモンバランスが崩れることで、汗が大量に出ることになるので、今まで使われていなかった汗腺をつかうことで、水分だけ出るのではなくて、ほかの成分も一緒に排出してしまいます。

 

特に、アンモニアなどの臭い成分が多く含まれていることがあります。

 

そのために匂いがきつくなってしまうんです。

 

ベタベタして乾きにくいのも特徴です。

 

さらに、加齢臭が原因の場合なら、ワキガのニオイの原因となるアポクリン汗腺からニオイが出ている可能性もあります。

 

 

更年期のワキのニオイ対策

汗をかくようにする

今まであまり運動をしていなかった人は、普段している人に比べてワキのニオイがしやすいようです。

 

なので、ウォーキングなど軽い運動をして汗を流すようにしてみましょう。
すると汗腺が働くようになって、機能が回復します。

 

結果、汗の量も調節されるようになりますし、汗のべたつきも落ち着いてきます。

 

また、いつも汗を掻いたらすぐに着替えるなどの対策も必要です。
わき汗が多くなってるなら、脇汗パッドを使うのもいいですね。

 

体を清潔にして、湯船につかって、体を血行を良くするようにします。

 

代謝をよくすることで、汗腺の働きをよくします。

 

 

 

イソフラボンを摂るようにする

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分です。
ですから、女性ホルモンを活性化させるためにも、イソフラボンが含まれた食品を食べるようにしましょう。

 

ですが、食べ過ぎると女性ホルモン過多になりますから

 

一日 mg程度にしてください。

 

 

ニオイを気にしない

ニオイは周りに漂いますから、気になるとは思いますが
気にすると余計に匂いが出るんですよ。

 

ストレスになりますからね。
緊張やストレスを受けることで余計汗が出ることがあります。

 

更年期だししょうがないや。
と開き直って気にしないことも大切です。

 

 

デオドラント製品を使う

ワキのニオイをなくしたい、汗の分泌を抑えたいなら、ニオイと汗を同時に抑えるデオドラント製品を使うのがおすすめです。

 

ニオイがしっかり抑えたいなら、クリームタイプがおすすめです。
クリームは成分がしっかり毛穴に塗ることができるからです。

 

女性ホルモンによる体調の変化ですし、個人差はあってもだれにでも起こることですから、あわてずに余裕をもって対処できたらいいですね。

 

 

ワキガクリーム